あけましておめでとうござーい!


by logologo2463

オー!マイキー

なるべく早口めで、音読したほうがおもしろいですよ。





第7話「双児の訪問」

トニー「はじめまして、僕チャールズの兄弟のトニーです」

チャールズ「はじめまして、僕トニーの兄弟のチャールズです」

母「マイキー、お友達よ~!」

母「マイキーはすぐ降りてくるから、それまでお菓子とジュースでも召し上がれ。」

2人「いただきまーす!」

母「オレンジジュースでいい?」

トニー「僕アップルジュースがいい」

チャールズ「僕トマトジュースがいい」

母「アップルジュースもトマトジュースもないのよ。」

トニー「じゃぁ僕オレンジジュースでいい」

チャールズ「じゃぁ僕トマトジュースでいい」

トニー「このうちにはトマトジュースはないんだよ!」

チャールズ「この家にはトマトジュースもないのかよ!」

トニー「オレンジジュースで我慢しろよ」

チャールズ「オレンジジュースで我慢できるかよ」

母「ごめんなさいね。アップルケーキならあるわ。」

トニー「僕イチゴケーキがいい」

チャールズ「僕はトマトケーキがいい」

トニー「トマトケーキなんてないだろ!」

チャールズ「なんにもないのかよここには!」

母「何わがままばかり言ってるの!この子たちは。」

トニー「ちょっとお腹がすいたよなぁ」

チャールズ「かなりお腹がすいたよなぁ」

母「じゃぁ、昼ごはん食べてく?何にもないけどカレーライスだったらあるわ。」

トニー「じゃぁ、カレーでもいただくか」

チャールズ「じゃぁ、カレーなんていただくもんか」

トニー「お前お腹がすいてんだろ!」

チャールズ「お前お腹がすきすぎてんだよ!」

トニー「人の家で贅沢言うなよ!」

チャールズ「こんな家で贅沢言えるかよ!」

トニー「何だよこの!」

チャールズ「何だよこの家!」

母「あなたたち!人の家をばかにするのはやめなさい!」

父「大きな声がするから部屋に入ってきたが、
  この同じ顔で同じ言葉を喋っている二人組は、いったい誰だい?」

母「この子たちはマイキーの友達で、双子のトニーとチャールズよ。」

父「マイキーと仲良しの双子って君たちのことか。」

トニー「僕たちマイキーに仲良くしてもらってるんだ」

チャールズ「僕たちマイキーに仲良くしてやってんだ」

トニー「仲良くしてもらってるんだろ!」

チャールズ「仲良くしてあげてもいないだろ!」

トニー「こういうときは控えめに言うんだぞ」

チャールズ「こういうときには控えめはごめんだぞ」

トニー「バカと思われるだろ」

チャールズ「バカと思う奴がバカだろ」

トニー「人ん家に来ておじさんをバカ呼ばわりするなよ!」

チャールズ「人ん家のおじさんはバカばっかりなんだよ!」

父「こら君たち。いい加減にしないと、私は子ども相手でも容赦はしないぞ。」

母「でもほんとマイキー遅いわね。」

トニー「マイキーはいつも遅いんだよな」

チャールズ「マイキーは遅いのがとりえだよな」

トニー「マイキーが遅いことは良くないことなんだぞ!」

チャールズ「マイキーが遅いことはよくあることなんだよ!」

父「どうも話がこんがらがってきたな。ところで君たち、何時に約束してたんだい?」

トニー「約束なんかしてないよ」

チャールズ「約束なんてするわけないよ」

父「なんだって?」

マイキー「ただいまー」

母「あら、マイキー!部屋にいたんじゃないの?」

マイキー「僕エミリーちゃんと公園で遊んでるって言ったでしょ。」

母「あら、そうだったわ。」

マイキー「あれぇ、君たち。さっき公園からいなくなったと思ったら、うちに来てたの。」

トニー「ちょっとジュースもらいにきたんだ」

チャールズ「ちょっともジュースもらえないんだ」

母「まあ、なんてあつかましい子たちなの!嘘までついて悪い子ね!」

トニー・チャールズ「僕たちマイキーを待ってるなんて言ってないよー」

父「こりゃあ一本とられたな。」

母「ほんと。今度は仕返ししてやるわ。」

一同「あはははははは、あはははははは、あはははははは」


みんな知らないみたいなのでリンク~

OH!Mikey

ちょっと下にいくと、「旧作サンプル映像 環境確認用映像 双子の訪問」

ってとこがあるからそこクリックすると見られます♪
[PR]
by logologo2463 | 2008-02-06 17:57 | 日常